新着情報 WHAT'S NEW

2022年6月22日

ブログ

マナビスタイル

一分の一 気まぐれ通信

「子どもにもっと魚を(後編)」

家庭学習は最高の栄養♪オンライン学習塾“マナビスタイル”ブログ担当の嶋田です。

前編で、魚が子どもの発達に良いというお話を書きました。とはいっても調理が大変なイメージがありませんか?少しでも簡単に調理ができるといいのですが、例えば次のようなレシピはいかがでしょうか。

子どもが喜ぶ簡単!魚レシピのご紹介

サバ缶の竜田揚げ

  1. サバ缶の中身をひとくち大に分ける。
  2. しょうがのすりおろしを混ぜたストレートのめんつゆに①を浸す。
  3. 片栗粉をまぶして油で揚げる。

♪ポイント 

もともとサバ缶には味がついているので、薄い味付けでおいしくできるし、万一中まで火が通ってなくても、元々加熱してあるから大丈夫。

サーモンのパン粉焼き

  1. 骨取りサーモンの切り身に塩コショウをふりかけ、牛乳につけておく。
  2. 小麦粉をまぶす。
  3. もう一度、①の牛乳につける。
  4. パン粉を付けて多めの油で焼く

♪ポイント

多めの油で焼いているだけなので、後片付けが楽。油であげないのでヘルシー。

レシピも検索すると楽そうなのがまだまだ見つかりそうですね♪

最後に「紙パックまな板」のご紹介です。魚を調理すると、まな板が汚れてしまったり、パン粉や小麦粉をまぶすためのトレイやボールで洗い物が増えてしまったりするのが困ります。

そういったときは、ジュースの紙パックをハサミで切って洗って干したものを使い、使用後はすぐに捨ててしまう方法があります。少し片付けが楽になりますのでお試し下さい♪

ただ、雑菌が心配なので、紙パックまな板はきちんと洗ってから使い、そして一回で捨ててくださいね。

カテゴリー
アーカイブ
2022年
2021年
2020年
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。