新着情報 WHAT'S NEW

2022年5月2日

ブログ

マナビスタイル

一分の一 気まぐれ通信

「うっかり誤用しがち!春の言葉」

子育て教養&知識をお届けします♪

一分の一ブログ担当の嶋田です。

春風が気持ちいいですね。

今日は、うっかり間違えないようにしたい要注意の言葉のお話です。


この中で、春に使うとまちがっている言葉がひとつあります。

①春一番

②小春日和(こはるびより)

③春爛漫(はるらんまん)

④春うらら


うっかり誤用してしまう春の言葉。それは、②の小春日和です。

かわいらしい響きの②小春日和ですが、これは、11月~12月ぐらいの時期に「あたかも、春のような穏やかな気候な日」に使う言葉です。

つまり、寒くなってくる時期に使う言葉ですので、うっかり4月に使うとダメですね。

「今日の小春日和の暖かな日差しが、赤い紅葉をさらに美しく見せてくれるね。」といった風に使うとバッチリです。カッコいいですね。

知り合いのお子さんに11月末生まれの小春ちゃんという女の子がいらっしゃいます。

出産された当日、みごとな小春日和の気候だったそうです。ご家族にとって、冷え込んでくる季節に春がやってきた、そんな幸せな瞬間だったことでしょう。

ちなみに、

①春一番は2月4日(立春)~3月21日(春分)の間に、初めて吹く暖かい『風』のことです。

③春爛漫は、『春になって花が咲き乱れる様子』をあらわしており、4月に使える言葉ですね。

④春うららは、『春のうららかな様子』『明るくおおらかで、のどかな様子』をあらわしています。「はるの、うららの、すみだがわ」の歌詞で、滝廉太郎が作曲した『花』にもでてきますね。

日本語は複雑で、年をとっても間違えることもありますが、とても美しい言葉がたくさんありますね。

カテゴリー
アーカイブ
2022年
2021年
2020年
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。